アトピー性皮膚炎 ・ 花粉症 ・ アレルギー体質 ・ 高 血圧 ・ 肥満 ・・・その他、
今の体質を何とか変えてみたいなら、とにかく読んでみて下さいね。

@ 朝食で体質改善
A 入浴で体質改善
B 運動で体質改善


2005年07月02日

リーサルウェポン!!?

最近テレビでやたらと「セカンドオピニオン」という

言葉を耳にしますね。

自分の体に起こった症状を診断して貰うのに一人の医者の結果だけではなく

2件、3件と診断して貰って診断結果を総合的にみて対処するべきだという

動きです。

コレに対しては個人的にはおおいに賛成できます。


■ 「原因治療では無いですから・・・。」

随分昔の話になりますが、毎日の洗い物が祟って主婦湿疹?否、主夫湿疹に

かかってしまった事がありまして(笑)

コレはいったんステロイドを使ってでも炎症を抑えたほうが吉だなと

自分で判断し近くの皮膚科に診断にいったのです。

皮膚科に行くこと自体も久しぶりだったのですが、医者の勝手なその場しのぎの

言動を聞かされるのも久々で、もう少しで切れそうになったのを良く覚えております。


「あー、主婦湿疹ですね〜。塗り薬を出しておきますので。」

「はい、お大事に・・・。」

以上。


・・・・。

処方された薬、当然のごとくステロイド配合ですよ。

私はソレを処方してもらう為にあえて来ている訳ですから特に文句をつける所は

ないのですが、何も知らずに ステロイドの知識が乏しい方が同じような

対応をされていると思うと だんだん腹が立ってきました。

・・・・。

「先生。この薬ステロイド入っているですよね・・。塗り方に注意はありますか?」

少し鎌をかけてやりました。

「いえ〜。特に注意はありませんよ〜」

「痒かったら塗ってください。」

「ステロイドが入っているといってもごく少量ですから(笑)」


もう少し食い下がってみました。

「リバウンドとか心配なんですけど・・・。」


この後、私はなんとも唖然とする言葉を聴かされる事になります。


「西村さん〜。」

「これは原因治療ではありませんから」

「また痒くなったら来てください(笑)」




私はこのリーサルウェポンを顎に喰らい戦意を失ってしまいました。

もう開いた口がフサガリマセンデシタ・・・。

しかも最後までご丁寧に笑顔を絶やさずに・・・。ハハハハ・・・。

原因治療では無かったらコレは何治療ですか?

その場しのぎ治療ですか?

それを何の悪気もなく、よくもここまで、どうどうと・・・。



全く正しい説明をせずに、ここまで平気に患者をアシラウ医者がいるのです。

セカンドと言わずに3件でも4件でも自分が納得のいく説明をしてくれる医者が

見つかるまで探してみるべきです。おそらくその内に自分でも自分の今の症状が

どういう状態なのかを自分なりに把握していくことになるでしょう。


なんでも、かんでも 病気は医者に行けば治るとは思わないでください。

悲しい事ですが、自分の身は自分で守る。そういう時代が来てしまっているのです。

それに付け加え、なるべくなら病気にならないよう自分で健康管理したいものです。
posted by 西村 匠 at 15:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉っぱメモに関心を持っていただきありがとうございます。 トラックバックいただき、初めてお邪魔し、プチ断食等、他の記事も読ませていただきました。  がん治療中の者にとって食事は非常にデリケートな問題です。 がん治療や予防に関する情報があふれ、混乱させられることも多い中、葉っぱブログではなるべく、治療上の選択の助けになる情報に絞っていきたいと思っていますので、トラックバックははずさせていただきました。 あしからずご了承ください。 
Posted by 葉っぱ at 2005年07月03日 02:17
はじめまして!TBありがとうございます。
今回の記事、非常に共感しました!

私は自分の記事でもセカンドオピニオンを
取り挙げましたが、これは医者による
治療だけではありません。

私は行政書士をしていますが、法律の
世界でも「セカンドと言わずに3件でも
4件でも自分が納得のいく説明をしてくれる
専門家が見つかるまで探してみるべき」だと
思っています。

近々、是非、今回の記事をTBさせて
いただきます!また来ます。
Posted by 【借用書の達人】by坂庭 at 2005年07月03日 22:42
私のブログへ(プチ贅沢な時間)へのトラックバック・・・ありがとうございました。本当に病院は、自分の目でしっかりと見極める時代になっているのですね・・。セカンドオピニオンをする勇気。このところ、病院にお世話になる機会が多かったので、特にそういった事を感じます。でもそんな事、素人の私達に簡単に出来るものではありませんよね。そういった知識を、こちらのサイトでお勉強させていただけたら・・・と思います。
つたないブログ・・くだらないブログではありますが、またいつでもお立ち寄りください。ありがとうございました!!(*^^)v
Posted by Bird at 2005年07月03日 23:42
>葉っぱさん

TBの件に関しては気にしないでくださいね。

健康情報は本当にどれが正しいのか解らない程出回っています・・・。

ただ私がコレが正しいと判断してこうしたサイトを立ち上げた事自体も閲覧される方たちを惑わせているのかもしれないと改めて考えさせられてしまいました。

そういった意味で葉っぱさんのコノ貴重なコメントは残させて頂きますね。ありがとうございました。

>坂庭さん

そうですよね。

セカンドオピニオンは何も医者だけに限った事ではありませんよね。どんな業界にでもあり得る事だと共感しています。

>Birdさん

セカンドオピニオンに勇気がいる。まさにその通りだと思います。医者にとっては「私の言ってることが信じられないのか?」という気持ちになるでしょうね。実際・・・。

でもコレは私たち自身の体の事ですからね〜。後で後悔したくないですし・・・。いろんな意味で多くの意見を聞く勇気を私自身も持ちたい物だと感じています。
Posted by 西村 at 2005年07月04日 12:39
いきなり来て大変失礼なことを書いているのに、返信くださってありがとうございます。 個人的には西村様の善意を信じています。 ただ、ちょっと「リーサル」という言葉にはビクッとしました(どうもその手の言葉に過敏になるのです...聞き流してください)。
それはさておき、私のブログを見てくれる人の何割かは、おそらくネットに不慣れなのに、切羽詰った目的があって情報収集している方です。 これからおそらく近いうちに入院して、決して理想的とは言えない病院食を食べて(あるいは栄養剤注入されて)過ごさねばならない身にとって、健康増進、正しい食事法...は、やや遠い目標なんです。 とにかく情報の多さに圧倒されて疲れてしまうという声をいただくことがあるので、なるべくコンパクトに、治療選択に直結することに絞ろうとしています(そのように出来てない部分もありますが)。 
セカンドオピニオンですが...経験のある医師ほど快く応じてくれるような印象を持っています。 少なくとも、現在の病院より上位の病院にセカンドオピニオンを求める場合はスムーズに行くのではないかと。 治療を急ぐ必要がある、という理由以外で拒まれることは、まずないのではないかと思いますが...。 
Posted by 葉っぱ at 2005年07月05日 14:19
>葉っぱさん

そうですよね。題名がリーサル・・のTBがいきなり貼られても困りますよね(笑)気を付けます。

ネットで閲覧される方は、本当に様々な理由で閲覧されているという事ですね。

このブログは「現在一応健康若しくは少し疲れ気味肥満気味」といった方に、これ以上そのままの生活を続ければいずれ大病を患う事になる・・・。今の内からライフスタイルを見直してみては?という私なりのメッセージを盛り込んでいるつもりです・・・。
また、そのような必要性がある方に閲覧して頂ければと望んでいます。

葉っぱさんのブログはそのもっと先にあるもう少し重いテーマに当たるのかもしれませんね。

セカンドオピニオンですが、現在の病院より上位の病院というのが、どう探せば良いのか、それを測る物差しが無いというのが、一番難しいのかもしれませんね。またそういった情報を求めて閲覧される方も沢山いらっしゃるのでしょうね。
もしかしたらそういった方々が、葉っぱさんのブログに辿り着くのかもしれませんね。
Posted by 西村 at 2005年07月06日 12:57
TBありがとうございました。

私自身、会社の仲間が朝食抜きダイエットをおこなってまして、試しにやってみようと思い、今に至っています。
朝食抜きダイエットは、ブログを始める前ぐらいから行ったのですが、思っていたより如実に変化があったので、持続させるためにもブログで記録を公開し、楽しみ半分で現在に至ります。

ほかに、朝食抜き以外で実行しているのは…、
・お米と肉をほとんど食べない。
・大豆関連の食事が中心です。
。飲み物は豆乳もしくは、当分の無い飲料水
ぐらいです。

長文失礼しました。
Posted by 門松 at 2005年07月08日 19:27
門松さんコメントありがとうございます。

お話は又そちらで〜。
Posted by 西村 at 2005年07月12日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。