アトピー性皮膚炎 ・ 花粉症 ・ アレルギー体質 ・ 高 血圧 ・ 肥満 ・・・その他、
今の体質を何とか変えてみたいなら、とにかく読んでみて下さいね。

@ 朝食で体質改善
A 入浴で体質改善
B 運動で体質改善


2005年03月05日

理想の血圧値へ

■ あなたの血圧はいくら?

運動の不足が、血液循環の滞りをまねき、心臓に負担をかけ

その結果、動脈硬化などの疾病を引き起こす事が解りました。


「思ったより深刻な状況だな?」と感じて頂けましたでしょうか?

「最近、体調が良くないな」と思われた方は1度ご自分で血圧を測ってみてください。


血圧は、あなたの心臓がどの位、負担を強いられているか?

血流が滞っているか?運動が不足しているか?ライフスタイルに偏りが

あるか?などを判断する一つの基準になります。


■ 理想の血圧値

私が参考にさせて頂いている本の著者である小山内先生の研究によると

1番望ましい血圧値は、

上が110mm/Hg、下が70mm/Hg になります。

これ以上高くても低くても前項で述べました血流を促す3つの要素の

バランスが悪い、詰まるところが運動不足と言えるのです。


あなたも早速測ってみてください。

ただ単に測り「高いな、低いな」と言っていた時とは違い

何故高いのか、高いと体の中で何が起こっているのかを理解して頂いた今

改めて測るのとでは、数値の見方が変わっているはずです。


ちなみに私が、理解した上で、はじめて測った時の感想は

「と、トドコオッてらっしゃる・・。」

「心臓君、そんなに頑張っていたのかい・・・。」

といった所でしょうか(笑)


■ ゆっくり走って血圧を理想値へ

あなたの血圧は高かったでしょうか?低かったでしょうか?

心臓ばかりに負担がかかっていませんでしたか?


では、あなたの血圧を理想値へと改善していくためには

どうすれば良いのでしょう?


運動が不足するから血流が滞って血圧が上がるわけですが、

ただ闇雲に体を動かすのではなく、1番効率良く理想の血圧に持っていける

方法を取りましょう。


これも小山内先生の研究から述べますと

上の血圧は深呼吸によって下がる方向に向かい、下の血圧は屈伸運動のような

筋肉活動で下がる方向へ向かう事が認められます。


これらの条件を満たすには、やはり「走る事」が良い訳ですが、

1番、効率良く血圧が理想値へと改善されたのが、心拍数140/分。

心拍数140/分というと、少し呼吸が弾む位、伴走者と話しながら走れる位です。


上記の様なゆっくりとしたペースで、1日20〜30分走ります。

週に2〜3日で良いのです。

コレを続けることで、あなたの血圧は理想値の110mm/Hg 70mm/Hg に

近づいて行きます。


1度実験してみて下さい。

走った直後に血圧を測って見るのです。

おそらく走る前の数値より遥かに下がっているはずです。


私もはじめて測った時はビックリしました。

だってそうでしょう?健康診断の血圧を測る前は、階段を走ってもいけない

と聞かされていたのに、走ると血圧が下がるのですよ。


前項をじっくり読んで頂いた方にとっては、運動する事によって

筋肉と肺が働き、血流がスムーズになることで心臓の負担がかるくなって

血圧が下がるというプロセスがよくご理解頂けるかと思います。


20〜30分、ゆっくり走る。コレを是非実行して頂きたい。

できれば、早朝が理想ですね。その理由はステップ1、2で述べていますが

・食事を摂った後は、動かないべきである。

・朝食を抜く事に加え、早朝に走る事で、速やかに血糖値が上がる。

・早朝は理想的なコンディションである為、1番効率良く体脂肪を燃やせる。

・痩せる事によって、分泌される副腎皮質モルモンが薄まらず全身に濃く行き渡る。


正に良い事だらけです。詳しくはステップ1、2をお読みください。


「ゆっくり走る」大変良い効果が期待できます。

最初から首を横に振らずに、1度チャレンジしてみては如何でしょう?
posted by 西村 匠 at 04:15 | TrackBack(0) | STEP.3 ゆっくりと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。