アトピー性皮膚炎 ・ 花粉症 ・ アレルギー体質 ・ 高 血圧 ・ 肥満 ・・・その他、
今の体質を何とか変えてみたいなら、とにかく読んでみて下さいね。

@ 朝食で体質改善
A 入浴で体質改善
B 運動で体質改善


2005年02月07日

子供にこそ冷水を!

■ 個人差

冷水を浴びる事がアレルギー疾患において最良の改善策で有ることは

ご理解頂けたでしょうか?


温度差による刺激で活発化する副腎ですが、副腎の基礎能力には個人差が

あります。


当然、副腎の能力が高ければ高い程、副腎皮質ホルモンを

分泌する量も多く、アレルギーを抑制する能力も高いと言えます。


では、副腎の能力にどうして個人差が生まれるのでしょう?


■ 副腎の能力は成長期で決まる

副腎の成長は、おおよそ身長が止まるまでと言われています。

つまり子供の時にどう過ごすかによって、その能力に大きな差が

生まれるのです。


「子供に冷たい思いをさせろとおっしゃるのですか?」

「大人ならまだしも、子供にそのような荒行?は、させかねます」

このようにおっしゃられる方がほとんどです。


しかし、真実は逆なのです。子供だからこそ冷水シャワーを

浴びさせて頂たい。大人に比べ熱生産力は子供の方が遙かに

高いのです。ソレを行ったが故に風邪をひくなどと言うことは

ないでしょう。


ただ、冷水浴は体力の消耗が激しいので、既に風邪をひいている時など

体力が下がっている場合は、避けるべきです。


副腎も成長期である子供は、大人がソレを行うのに比べ格段に良い成果が

得られます。


又、幼少時代にしっかり副腎を鍛える事によって、その子が大きくなった時

副腎は十分に副腎皮質ホルモンを分泌できる能力持ち、病気になりにくく

例え病気になっても、再び冷水浴を行う事で、基礎能力の高い副腎からは

十分な副腎皮質ホルモンが円滑に分泌され、回復も早くなることでしょう。


今、可哀想だからと、暑さ寒さから遠ざける事は、我が子を守っているのではなく

ただの過保護であって、将来大病を患う道筋をひいているのだと考えるべきでは

ないでしょうか。


■ カエルの子はカエル

「とおちゃん痒いよ〜。」

「背中掻いてよ〜。」

私は自分の子供に、こう言われる度に胸の詰まる思いがします。


カエルの子はカエル。アレだけ生まれてくる子供は、皮膚の丈夫な子で

あるように願ったのにも関わらず、やはり余計なところだけは親に似るものです。


「この子にも、私と同じ思いをさせてしまう。可哀想な事をしたな」と

生んだ事自体を後悔した時期もありました。


子供は掻き出すと止まりません。いくら掻くなと注意しても止まりません。

そもそも大人でさえ抑える事が難しいのに、掻くなという方が無理な話なのです。


ソレは十分承知しているのですが、みるみる内に酷い状態になっていく

我が子の皮膚を見ると、つい「注意」から「叱り」に変わってしまいます。

いや、ソレは「叱り」というよりも、だたの「叫び」のような気がします。

「頼むから掻かないでくれ。」


しかしソレは「掻くな!」という怒鳴り声に

なっているのですから、子供にとっては、痒くてどうしようもない上に

怒鳴られて、多大なストレスがかかり、泣く事でしか意思表示出来なくなります。

怒鳴った後は、なんとも言えない気持ちになります。


掻いて泣きわめいた子供に対する怒りなのか、ソレをどうにもしてやれない

自分の歯痒さへの怒りなのか、怒りなのか悲しみなのか、ソレさえも分からない

状態に陥りました。


私は、風呂上りに冷たい水で搾ったタオルで、擦ってやることから始めました。

本人もソレは気持ち良いらしく、嫌がりはしませんでした。


やはり子供の成果には目覚しい物があります。一週間ほど続けると

あれほどカサカサだった体がツルツルに。

はじめて試みようとされるお子様には、こういった方法から馴らされていくのも

良いかと思われます。


私は家内にいつも言っております。

「なるべく厚着はさせないように」

「なるべく外で遊ばせるように」と。


子供は風の子と申しますが、これは子供が寒い外で遊んでいても元気だと言うよりも

「子供は寒い外で遊ばせるべきである」という先人の知恵では無いかと解釈しています。


■ 大人になると冷水浴をしても無駄?

たしかに副腎の基礎能力は幼少時代で決まります。

では、大人になってしまうと、冷水浴をしても副腎皮質ホルモンの分泌は促されないので

しょうか?


冷水浴を続ける事で、あなたの副腎は現在の能力の最大限引き出す努力をします。

また、体重を減らす事によって、同じだけ分泌された副腎皮質ホルモンも薄まってしまわず

体中に濃く行き渡る事になります。


現在肥満気味の方は、そういった意味でも非常に改善の見込みがあります。

是非、試される事をお勧めします。

posted by 西村 匠 at 12:58| STEP.2 入浴後に・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。