アトピー性皮膚炎 ・ 花粉症 ・ アレルギー体質 ・ 高 血圧 ・ 肥満 ・・・その他、
今の体質を何とか変えてみたいなら、とにかく読んでみて下さいね。

@ 朝食で体質改善
A 入浴で体質改善
B 運動で体質改善


2005年01月31日

イメージする

■ イメージする

前項までの内容で「朝食を抜くライフスタイル」が、現代人の

私たちにとって、いかに理想的なものかご理解いただけたでしょうか?


では、明日から実際に実行に移して頂く上で1つの提案です。

「イメージする」コレは私の経験上、一番自分を制御出来る良い方法だと思います。


まず、朝食を抜き始めると昼食を摂るまでに、必ず空腹を感じる時間が

訪れます。この時に「イメージ」して頂きたいのです。


・「あー腹が減ったな」

「という事は、今血糖値が下がっているな?脳の奴め

今エネルギー満タンのハズなのに、チョコザイな真似をしやがって・・・。」

 
・「まだ腹が減ってるな」

「くそーなかなか血糖値が上がらないな!グルカゴンめ

さっさと脂肪を分解してブドウ糖にしやがれ!」

 
・「あー腹が減りすぎて・・?あれ空腹感が何処かへ行ってしまったな?」

「しめしめ血糖値がやっと上がりだしたか(ニヤ)そうそう、グルカゴン君、

その調子でどんどん脂肪を取り崩していってくれたまえ。」

 
・「お!やっと昼飯か!」

「コレ食べ過ぎると昼から眠くなるんだよな〜。

今、せっかく血糖値も上がってる事だし、食べろと言われれば食べれない事は無いが

ココは、本能に逆らわずに控えめにしておくか!」
 

このような感じで、自分の身体の中での、ブドウ糖の一連の動きをイメージして

みてください。最初の頃はコレが以外に効果的だったりします。

 
最初どうしても朝食を抜くのが苦しく、「フラフラする」といった症状が

出る方は、既に糖尿病である危険性があります。常に甘いものをカバンやポケットに

忍ばせてはいませんか一度検査する事をオススメします。

その上で、決して無理の無いように、食事を少しづつ減らす方向へ持っていきましょう。

 
朝食を抜くことで多大なストレスがかかるようでは、本末転倒ですからね。

posted by 西村 匠 at 00:41| STEP.1 朝食は・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。