アトピー性皮膚炎 ・ 花粉症 ・ アレルギー体質 ・ 高 血圧 ・ 肥満 ・・・その他、
今の体質を何とか変えてみたいなら、とにかく読んでみて下さいね。

@ 朝食で体質改善
A 入浴で体質改善
B 運動で体質改善


2005年01月25日

ソノ常識はナンセンス

■ 朝食は「健康」では無く「肥満」への第一歩

あなたはダイエットを試みた事がおありですか?

試みた事がある方なら一度は耳にした事があるかと思います。


「朝と昼はしっかり食べましょう!何故なら朝と昼は食べてから活動するので

食べた分のカロリーが消費されて太らない!」又「夜は控えめにしましょう!

何故なら食べてから活動しないので脂肪になります」と・・・。

 
全くその通りですね。


しかし、私から言わせて見れば、これらは全くナンセンスなお話です。


■ ソノ常識はナンセンス

確かに朝や昼に摂った食事はその後直ぐに控えている活動で

どんどんエネルギーは消費されていきます。


しかし「朝食は胃癌の素!?」でも述べました様に食事の直ぐ後に

活動をすると胃に集中した血液は筋肉や脳に取られ、結果、胃でキッチリと

消化されずに腸に進み十分な栄養を吸収出来ずに終わってしまいます。

 
この点から見ても痩せると言えば痩せますね(笑)


しかし、わざわざ胃腸に負担を課してまで痩せるなんて

ナンセンスだとは思いませんか?

 
1日2日胃腸に負担をかけても直ぐ病気になるなんて事は有りませんが

ガンをはじめとする生活習慣病という物は日々の積み重ねによって

溜まりに溜まった負担が結果として「病気」という形で現れてくるのです。
 

■ 逆にして欲しかった

以前私の勤めていた会社で「ダイエットに成功した」と喜ばれている方が

おられました。


「どうやって痩せたの?」と聞くと

「実は朝だけ死ぬほど食べて昼と夜は全く食べないんだ」と

「朝など気持ち悪くて吐きそうになりながら食べているんだ」と

・・・。


「逆にした方が良いよ」と指南したのですが

彼は既に痩せる事に成功?しており、あまり聞き入れてもらえませんでした。

彼は今頃どうされているのでしょうね?

身体を壊しでもしていないか心配です。

 
しかし彼にしてみれば上記の様な間違った「常識」を

忠実に再現してしまったのでしょうね。


そしてその結果痩せたのですから

私の言葉など聞き入れて貰えないのは、いた仕方の無い事なのでしょう。

 
食事の摂取は、常に体との相談です。血糖値の動きを把握して

タイミングを計れば、非常に効率のよいダイエットにも繋がるのです。

posted by 西村 匠 at 12:58 | TrackBack(0) | STEP.1 朝食は・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。